コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティフィナグ文字 ティフィナグもじ alfabet Tifinagh[フランス]

1件 の用語解説(ティフィナグ文字の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ティフィナグもじ【ティフィナグ文字 alfabet Tifinagh[フランス]】

サハラ砂漠に住むトゥアレグ族の用いる文字で,〈ラクダの時代〉(前200年以降)の岩面彩画・刻画にあらわれる。先行する古代サハラ文字alfabet Saharien Ancienから派生した。古代サハラ文字とのちがいは,90度の転回,180度の転回による文字の加重(重複),付属的な記号(鉛直線,点,文字の端の二次的な変形)の付加などである。ティフィナグ文字はいわゆる牛耕式で,上下左右どちらから書き始めてもよいが,アドラール・デジフォラスの岩面刻画には下から上に向かうものが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ティフィナグ文字の関連キーワードサハラ砂漠テトゥアンリビア砂漠トンブクトゥシュメール文字アイールとテネレの自然保護区アビトゥアサブサハラアフリカトンブクツアイールとテネレの自然保護区群

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ティフィナグ文字の関連情報