コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テウェルチェ Tehuelche

世界大百科事典 第2版の解説

テウェルチェ【Tehuelche】

アルゼンチンのパンパ,パタゴニアにアラウカノ,プエルチェとともに住んでいた狩猟民。マゼランの世界周航のときに初めて白人と接触したが,19世紀の後半に入るまでは,この地域ではイエズス会の宣教活動ぐらいしか行われていなかった。しかしその後,白人の入植が始まり,土地を追われ,人口は激減し,現在はごく少数が残っているだけである。かつてのテウェルチェは,槍と飛道具ボーラ(石に結んだ皮ひもを振り回して,遠心力で石を飛ばす)を使ってラクダ科のグアナコやレア(アメリカダチョウ)を狩猟した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のテウェルチェの言及

【アメリカ・インディアン】より


[採集・狩猟民]
 アルゼンチンとチリ南部の地域は,16世紀のヨーロッパ人の植民地に入るまで農耕が行われなかった。チリのアラカルフ族やヤーガン族,フエゴ島のオナ族のような狩猟と漁労を生業とする民族や,アルゼンチンのパンパでグアナコ,レア,その他の小動物の狩猟で生きるテウェルチェ,プエルチェ,ケランディ,チャルアの諸族がいた。ヨーロッパ人の移住に対しては強い抵抗を示し,両者の争いは19世紀まで続くが,結局は敗れてこの地域のインディオはほとんど絶滅してしまった。…

※「テウェルチェ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

テウェルチェの関連キーワードテウェルチェ族

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android