飛道具(読み)とびどうぐ

精選版 日本国語大辞典「飛道具」の解説

とび‐どうぐ ‥ダウグ【飛道具】

〘名〙 遠くからとばして敵を撃つ武器。鉄砲弓矢の類。
※浄瑠璃・嫗山姥(1712頃)一「心はやたけにはやれども、飛道具を防ぎかね」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「飛道具」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の飛道具の言及

【武器】より

…そのつぎの段階は,火薬の発明によってもたらされた。それまでにも,弓矢,吹矢や投げ槍などの〈飛道具〉があったが,銃砲はそれらの性能をはるかにしのぐ威力を発揮した。 武器の歴史のうえでもう一つ重要なのは,運搬手段の進歩である。…

※「飛道具」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android