テオポンポス(英語表記)Theopompos

世界大百科事典 第2版の解説

テオポンポス【Theopompos】

前378ころ‐?
キオス島に生まれたギリシアの歴史家。イソクラテスの弟子であり,マケドニア王家とも親密な関係をもった。アレクサンドロス大王の没後,エジプトに亡命。主著には,トゥキュディデスのあとをうけて前411年から前394年までの時期を扱った《ギリシア史》12巻と,フィリッポス2世の業績を中心とした一種の世界史の《フィリッポス伝》58巻があるが,いずれも断片しか残っていない。【篠崎 三男】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android