コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テオポンポス(英語表記)Theopompos

世界大百科事典 第2版の解説

テオポンポス【Theopompos】

前378ころ‐?
キオス島に生まれたギリシアの歴史家。イソクラテスの弟子であり,マケドニア王家とも親密な関係をもった。アレクサンドロス大王の没後,エジプトに亡命。主著には,トゥキュディデスのあとをうけて前411年から前394年までの時期を扱った《ギリシア史》12巻と,フィリッポス2世の業績を中心とした一種の世界史の《フィリッポス伝》58巻があるが,いずれも断片しか残っていない。【篠崎 三男】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報