コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テオポンポス Theopompos

1件 の用語解説(テオポンポスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

テオポンポス【Theopompos】

前378ころ‐?
キオス島に生まれたギリシアの歴史家。イソクラテスの弟子であり,マケドニア王家とも親密な関係をもった。アレクサンドロス大王の没後,エジプトに亡命。主著には,トゥキュディデスのあとをうけて前411年から前394年までの時期を扱った《ギリシア史》12巻と,フィリッポス2世の業績を中心とした一種の世界史の《フィリッポス伝》58巻があるが,いずれも断片しか残っていない。【篠崎 三男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

テオポンポスの関連キーワードイオス島キオス島キオス島の虐殺ヒオス島ヘカタイオスギリシャ独立戦争アポロニウスポリビオスイラクリア島シオス島

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone