コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テオポンポス Theopompos

世界大百科事典 第2版の解説

テオポンポス【Theopompos】

前378ころ‐?
キオス島に生まれたギリシアの歴史家。イソクラテスの弟子であり,マケドニア王家とも親密な関係をもった。アレクサンドロス大王の没後,エジプトに亡命。主著には,トゥキュディデスのあとをうけて前411年から前394年までの時期を扱った《ギリシア史》12巻と,フィリッポス2世の業績を中心とした一種の世界史の《フィリッポス伝》58巻があるが,いずれも断片しか残っていない。【篠崎 三男】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

テオポンポスの関連キーワードグレゴリオス・タウマトゥルゴスディオドロス・シケロスオクシリンコスの歴史家カリアスの和約

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android