テオーリア

精選版 日本国語大辞典「テオーリア」の解説

テオーリア

〘名〙 (theōria 見ること、眺めること、の意) 哲学で、事物真理を理性的に知ろうとすること。アリストテレスは、これをプラクシス(実践)とポイエーシス(制作)に対して、人間の最高至福の活動とした。観想。観照。⇔プラクシス
※学生と読書(1938)〈河合栄治郎編〉読書の意義〈河合栄治郎〉四「自己との聯関が常に努力されねばならない、之がテオリアとフィロソフィアとの区別されたる重要なる核心である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「テオーリア」の解説

テオーリア(〈ギリシャ〉theōria)

《眺めることの意》哲学で、永遠不変の真理や事物の本質を眺める理性的な認識活動。アリストテレスは、これを実践(プラクシス)や制作(ポイエーシス)から区別し、人間の最高の活動とした。観想。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android