コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河合栄治郎 かわいえいじろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

河合栄治郎
かわいえいじろう

[生]1891.2.13. 東京
[没]1944.2.15. 東京
経済学者で自由主義的社会思想家。 1915年東京大学法学部卒業。農商務省勤務後,20年母校経済学部助教授。 22年海外留学後,教授となり,社会政策を講じる。 T.H.グリーンを信奉した自由主義者で,『ファシズム批判』 (1934) などの著作によって起訴され,39年大学を追われる。啓蒙的教養書の編著で学生に与えた影響も大きかった。主著は『トーマスヒル・グリーンの思想体系』 (30) ,『社会政策原理』 (31) ,『社会思想家評伝』 (36) など。ほかに『河合栄治郎全集』 (24巻,67~70) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かわい‐えいじろう〔かはひエイヂラウ〕【河合栄治郎】

[1891~1944]経済学者・思想家。東京の生まれ。東大教授。理想主義自由主義立場からマルクス主義にもファシズムにも反対した。昭和13年(1938)著書発禁、翌年休職処分となった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

河合栄治郎【かわいえいじろう】

経済学者,社会思想家。東京出身。東大卒後,農商務省勤務を経て,1921年―1939年東大で社会政策を講じた。個人の人格完成を最高善とする理想主義の立場から英国労働党流の社会主義思想を体系化し,マルクス主義を批判。
→関連項目猪木正道日本評論社[株]平賀譲安井琢磨

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河合栄治郎 かわい-えいじろう

1891-1944 大正-昭和時代前期の社会思想家,経済学者。
明治24年2月13日生まれ。大正15年母校東京帝大の教授となり,社会政策を担当。T.H.グリーンの理想主義哲学の影響をうけ,マルクス主義批判,ファシズム批判を展開した。昭和11年二・二六事件で軍部を批判。14年平賀粛学で休職。昭和19年2月15日死去。54歳。東京出身。著作に「トーマス・ヒル・グリーンの思想体系」「社会政策原理」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

江戸・東京人物辞典の解説

河合栄治郎

1891〜1944(明治24年〜昭和19年)【経済学者】マルクス主義、ファシズムと果敢に戦う 時代に早すぎた自由主義者。大正・昭和前期の経済学者・自由主義思想家。東京都出身。東大卒後、農商務省に入るが第1回ILO会議出席後辞職。1920年(大正9)東京帝国大学経済学部助教授となり、のち教授。理想主義的リベラリズムとフェビアン的社会主義の立場から、マルクス主義とファシズムの両方と対立。そのため著書の発禁処分などの弾圧を受け、1939年(昭和14)には大学を追われ、起訴された。大審院で有罪判決を受けた翌年1944年に死去。

出典|財団法人まちみらい千代田江戸・東京人物辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かわいえいじろう【河合栄治郎】

1891‐1944(明治24‐昭和19)
民主的社会主義の思想家。東京に生まれ,東大法科政治学科卒業後農商務省に勤めたが,工場法草案起草につき上司と意見が対立し1920年辞職,ただちに東大経済学部に迎えられ,社会政策を講義した。22‐25年イギリスに留学,32‐33年にはドイツに留学してナチス台頭を目のあたりにした。昭和初期,マルクス主義が隆盛になるや,理想主義の立場からこれを批判したが,満州事変後国家主義の台頭に際しては同じ立場からこれを批判した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かわいえいじろう【河合栄治郎】

1891~1944) 経済学者。東京生まれ。東大教授。トーマス=ヒル=グリーンの影響を受け理想主義的自由主義を信奉、「社会政策原理」などを著し資本主義体制や軍国主義を批判。1938年(昭和13)に全著作発禁、翌年東大休職の処分を受けた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

河合栄治郎
かわいえいじろう
(1891―1944)

大正・昭和時代の社会思想家、民主社会主義者。明治24年2月13日東京に生まれる。1915年(大正4)東京帝国大学法科を卒業し、農商務省に入り、工場法案研究のためアメリカに留学。帰国後、19年、第1回国際労働会議の日本政府方針案起草に従事したが、上司と意見が対立して辞任した。翌年東大助教授に就任。22年から3年間イギリスに留学し、オックスフォード大学などで学んだ。26年東大教授となり、社会政策、工業政策などを担当。T・H・グリーンの理想主義哲学やイギリス労働党流の社会主義の強い影響を受け、人格主義的倫理観を基礎においた独自の社会主義体系を構想し、政治的には自由主義を、経済的には社会主義を主張した。そしてその実現のためにはあくまで議会主義によるべきだとした。この立場から昭和初年のマルクス主義全盛期にはこれを批判し、大森義太郎(よしたろう)、向坂逸郎(さきさかいつろう)ら労農派マルクス主義者と論争した。国内のファッショ化が進むとファシズム批判を展開し、34年(昭和9)前後から論壇の花形的存在となった。学内でも土方成美(ひじかたせいび)教授らと対立した。このため右翼、軍部、文部省の圧迫が激しくなり、38年10月、著書『ファシズム批判』(1934)、『改訂社会政策原理』(1935)、『時局と自由主義』(1937)、『第二学生生活』(1937)が発禁処分とされ、翌39年1月には平賀譲(ひらがゆずる)東大総長の河合、土方両派を処分するといういわゆる「平賀粛学」によって休職となり、さらに2月には出版法違反で起訴された。法廷闘争を展開して大審院まで争ったが、43年罰金刑が確定した。太平洋戦争中はいっさいの文筆活動を禁止され、戦後に備えていたが、昭和19年2月15日急病で没した。著書には前記のほか『トーマス・ヒル・グリーンの思想体系』(1930)、『社会思想家評伝』(1936)、『学生に与う』(1940)などがある。その思想は戦後の社会思想研究会、民主社会主義研究会議に大きな影響を与えている。[吉見義明]
『社会思想研究会編『河合栄治郎全集』23巻・別巻1巻(1967~70・社会思想社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の河合栄治郎の言及

【社会思想】より

…それゆえ当時の思想状況から,社会思想は社会主義思想と無政府主義思想を意味する場合が多かった。やがて社会思想といえば社会主義思想だけを意味するようになったが,昭和にはいると,社会科学と区別するために,理想社会の概念を前提とする社会把握を社会思想と呼ぶ河合栄治郎らがあらわれた。社会主義思想が危険思想とみなされるようになると,社会主義を批判する思想が社会思想と呼ばれるようになる。…

【反ファシズム】より

…前者の系統からやがて,《世界文化》(1935年2月創刊),《土曜日》(1936年7月創刊)などによる関西知識人の反ファシズム文化運動が生まれ,後者に加わっていたかなりの人々は,反ファシズムの雑誌《社会評論》(1935年3月創刊)や《労働雑誌》(1935年4月創刊)の執筆者となった。ファシズム批判を公然と自らの著書名として刊行した著名な知識人は,長谷川如是閑と河合栄治郎であった。長谷川の《日本ファシズム批判》は,1932年11月刊行で,マルクス主義の色濃い影響下にファシズムを論じている。…

【平賀粛学】より

滝川事件(1933)以来帝国大学内の自由主義者に対する右翼勢力の攻撃は強まっていたが,荒木貞夫の文相就任(1938)以来,文部省も大学の自治への介入の姿勢をいっそう強めていた。そのころ同学部では,河合栄治郎を中心とする一派と,土方成美などのファッショ的勢力との間で対立が続いていた。1938年10月河合の著作が発禁処分にあうや,大学人としての河合の処分を要求する学内外の右翼勢力の動きは高まりを見せた。…

※「河合栄治郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

河合栄治郎の関連キーワード日本評論(にっぽんひょうろん)日本評論社[株]反ファシズム運動小此木 真三郎河合 栄治郎木村 健康石坂 修一原理日本社安井 琢磨永井柳太郎蠟山 政道大河内一男江上 照彦森戸辰男角川源義軍国主義木村健康海野普吉蝋山政道土方成美

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

河合栄治郎の関連情報