コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テクノナショナリズム テクノナショナリズムtechno-nationalism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テクノナショナリズム
techno-nationalism

経済社会の発展国際競争において技術の持つ意味が大きくなってきたことを背景に,技術をいわば一種の資源として,自国の発展に優位に利用していこうとするナショナリズム。 1980年代になりよく使われるようになった。その背景としては,先進工業諸国が,半導体スーパーコンピュータなどさまざまな先端分野のテクノロジーの開発をめぐってしのぎを削っており,その成否が国の将来さえも決める力を持っていることがあげられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

テクノナショナリズム(technonationalism)

技術国家主義。自国の国家的優位を保つため、先端技術などを他国に公開しないようにすること。特に、日本の経済的発展はその技術的発展によるという認識から、米国や西欧諸国で生まれてきた考え方

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android