コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テニエル Tenniel, Sir John

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テニエル
Tenniel, Sir John

[生]1820.2.28. ロンドン
[没]1914.2.25. ロンドン
イギリスの挿絵画家,風刺画家。ルイス・キャロルの『ふしぎの国のアリス』(1865),『鏡の国のアリス』(1872)の挿絵で世界的に著名。ロイヤル・アカデミーに学び,1846年イギリス上院の「詩人の間」にフレスコ画『聖セシリア』を制作。1851~1901年イギリスの風刺誌『パンチ』に 2300点以上の時事漫画を描いた。そのなかでもオットー・フォン・ビスマルクの辞職に取材した『船を降りる操縦士』(1890)は有名。王立水彩画家協会会員で,1893年貴族の称号を得た。ほかに『イソップ寓話集』の挿絵(1848),水彩画『ピグマリオン』(1878,ビクトリア・アンド・アルバート美術館)など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

テニエルの関連キーワードルイス・キャロルジョン・ブル2月28日士師記士師

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

テニエルの関連情報