テバコモミジガサ(手筥紅葉傘)(読み)テバコモミジガサ(英語表記)Cacalia tebakoensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テバコモミジガサ(手筥紅葉傘)
テバコモミジガサ
Cacalia tebakoensis

キク科の多年草。関東地方以西の太平洋側と四国,九州に分布する。山地樹陰に生える。モミジガサ (紅葉傘) に似ているが全体にやや小型で,細長い地下茎があり,葉の脈が浮き出して目立つ。また頭花がやや小さい点などでも区別される。高知県手筥山で発見されて名づけられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android