コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅葉傘/紅葉笠 モミジガサ

デジタル大辞泉の解説

もみじ‐がさ〔もみぢ‐〕【紅葉傘/紅×笠】

古今集・秋下の「雨降れば笠取山のもみぢばは行きかふ人の袖さへぞ照る」から、照る笠の意》日傘。日照り
中央を青土佐紙、周囲は白い紙で蛇の目に張った雨傘貞享(1684~1688)ごろから江戸に流行し、初めは日傘にしたという。
キク科多年草山地林下に生え、高さ約90センチ。茎は直立し、葉は手のひら状に裂けていて、互生する。夏、白色か紅紫色の花を円錐状につける。若芽食用しとぎもみじそう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

紅葉傘 (モミジガサ)

学名:Cacalia delphiniifolia
植物。キク科の多年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の紅葉傘/紅葉笠の言及

【蛇の目傘】より

…これは渋にべんがらを混ぜて上下に塗り,中間に白地を残したもの。江戸では,女子は中間の白地の少ない黒蛇の目傘,男子は紅葉傘と呼ばれる上部青土佐紙,下部白紙張りの上品な傘を用いた。天明(1781‐89)のころには細傘,細蛇の目といって,たたむと細くなる傘が流行した。…

※「紅葉傘/紅葉笠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

紅葉傘/紅葉笠の関連キーワードテバコモミジガサ(手筥紅葉傘)青土佐紙蛇の目傘