コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅葉傘/紅葉笠 モミジガサ

1件 の用語解説(紅葉傘/紅葉笠の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

もみじ‐がさ〔もみぢ‐〕【紅葉傘/紅×笠】

《古今集・秋下の「雨降れば笠取山のもみぢばは行きかふ人の袖さへぞ照る」から、照る笠の意》日傘。日照り傘。
中央を青土佐紙、周囲は白い紙で蛇の目に張った雨傘。貞享(1684~1688)ごろから江戸に流行し、初めは日傘にしたという。
キク科の多年草。山地の林下に生え、高さ約90センチ。茎は直立し、葉は手のひら状に裂けていて、互生する。夏、白色か紅紫色の花を円錐状につける。若芽は食用。しとぎ。もみじそう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の紅葉傘/紅葉笠の言及

【蛇の目傘】より

…これは渋にべんがらを混ぜて上下に塗り,中間に白地を残したもの。江戸では,女子は中間の白地の少ない黒蛇の目傘,男子は紅葉傘と呼ばれる上部青土佐紙,下部白紙張りの上品な傘を用いた。天明(1781‐89)のころには細傘,細蛇の目といって,たたむと細くなる傘が流行した。…

※「紅葉傘/紅葉笠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

紅葉傘/紅葉笠の関連キーワード醍醐寺竜田川笠取山古今集古今集遠鏡葱坊主古今余材抄続古今集新古今集新続古今集

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone