テバコモミジガサ(読み)てばこもみじがさ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テバコモミジガサ
てばこもみじがさ / 手箱紅葉傘
[学]Cacalia tebakoensis (Makino) Makino

キク科の多年草。細長い地下茎を伸ばして殖え、群生する。茎は直立し、高さ30~80センチメートル。葉は柄があって互生し、葉身は掌状に5~7裂する。7~9月、茎頂に円錐(えんすい)花序をつける。頭花は6個内外の白い管状花からなる。関東地方以西の本州から九州の山地の林床に生える。和名は、全体がモミジガサに似ており高知県手箱山で初めて発見されたことによる。[小山博滋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android