コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テムズ[川] テムズ

世界大百科事典 第2版の解説

テムズ[川]【River Thames】

イギリス,イングランド南部を東流するイギリス最大の河川。カエサルの《ガリア戦記》ではサンスクリットのタマサー(〈暗黒の川〉の意)と同語源のタメシス川と記されている。またオックスフォードより上流はしばしばアイシス川と呼ばれる。総延長338km,流域面積約1万3600km2。イングランド南西部のグロスターシャーにあるコツウォルド丘陵東麓のテムズ・ヘッドに源を発し,上流部は沖積粘土層の広い盆地を形成して曲流,その後ゴーリングの横谷ではケスタ崖をなすチルターン丘陵とバークシャー丘陵を分断するが,中・下流ではロンドン盆地中央部を貫流し,河口は巨大ならっぱ状のエスチュアリー(三角江)をなしてノアと呼ばれる砂州から北海へ流入する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android