コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テルトル広場 テルトルヒロバ

デジタル大辞泉の解説

テルトル‐ひろば【テルトル広場】

Place du Tertre》フランス、パリ北部、セーヌ川右岸のモンマルトルの丘にある広場。似顔絵を描く画家や大道芸人が集まり、観光客にも人気がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

テルトルひろば【テルトル広場】

フランスの首都パリ市街中心部の北方、18区のモンマルトルの丘にある、パリ市街を一望できる小さな広場。広場に面してサンピエール教会がある。かつてのモンマルトルの村の中心に位置する広場である。◇日本語に訳せば「画家の広場」となるが、19世紀のモンマルトルにはユトリロ(Maurice Utrillo、1883~1955年)、ピカソ(Pablo Picasso、1881~1973年)、ルノワール(Pierre-Auguste Renoir、1841~1919年)などをはじめとする多くの画家たちが住み、この広場で絵を描いていたといわれる。現在も画家たちが集まり、観光客相手に似顔絵を描いている。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

テルトル広場の関連キーワードアルム広場マッカーシーの4P高谷秀司9P 整理箱ブリュッセルの最高裁判所細江英公デービッド ロッジアリアンス広場カリエール広場カンコンス広場

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

テルトル広場の関連情報