コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テンポ・ルバート tempo rubato[イタリア]

世界大百科事典 第2版の解説

テンポ・ルバート【tempo rubato[イタリア]】

音楽用語。〈盗まれたテンポ〉の意。単に〈ルバート〉ともいう。音楽の表出力を高めるために,演奏に際してテンポを変化させること。旋律声部の一つの楽句の個々の音符に適用され,そこでは楽句全体の基礎テンポは変化せず,伴奏声部は一定のテンポを保ち続ける。19世紀から20世紀にかけては楽曲構造全体に適用され,種々のテンポの増減が行われるようになったが,そのような過度に自由なテンポはすぐに反動を招いた。【寺本 まり子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

テンポ・ルバートの関連キーワードセゴビア(Andrés Segovia)メンゲルベルク印象主義音楽アゴーギクコルトー

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android