コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルバート rubato

翻訳|rubato

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルバート
rubato

音楽用語。イタリア語の rubare (盗む) に由来し,テンポ・ルバート tempo rubatoは音楽の演奏にあたって,微妙に時価を伸縮すること。特に旋律の表出力を高めるために行われる。ショパンのピアノ音楽に典型的な例がみられるほか,ジャズや流行歌の演奏ではきわめて一般的である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ルバート

テンポ・ルバート

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルバート
るばーと
rubatoイタリア語

西洋音楽で用いる演奏記号の一種。テンポ・ルバートtempo rubatoの略で、その語源は「盗む」を意味するイタリア語ルバーレrubareにある。具体的には、音符の長さを長くしたり短くしたりすることを意味し、一つの楽句のなかでテンポあるいはリズムをいくぶん自由に演奏するよう指示する。ただし、音価に自由が与えられるのは部分的であって、けっして楽曲全体の基礎テンポは変化させてはならない。また、ルバートの技法が用いられるのは旋律に限られ、伴奏(ピアノ音楽では左手部分)は厳格にテンポを保守することになっている。すなわち、ルバートでは、厳格な基礎テンポに対するずれによって緊張感がもたらされ、そこに豊かな旋律的表現力が生み出されることとなる。
 歴史的には、ルバートはすでに17世紀の鍵盤(けんばん)音楽で用いられている。18世紀以降より頻繁に用いられるようになるが、その使用はすべて演奏者の自由に任されていた。作曲者自身から指示されるようになるのは、19世紀のショパンまで待たなければならない。彼のピアノ曲、マズルカ第一番嬰(えい)ヘ短調(1830)がその最初といわれている。[黒坂俊昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のルバートの言及

【テンポ・ルバート】より

…〈盗まれたテンポ〉の意。単に〈ルバート〉ともいう。音楽の表出力を高めるために,演奏に際してテンポを変化させること。…

※「ルバート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ルバートの関連キーワードテンポ・ルバート[tempo rubato(伊)]セゴビア(Andrés Segovia)ヴィクター・フランシス カルヴァートンカデンツァ[cadenza(伊)]ギルバート(起磁力の単位)ケンジントンガーデンズアルバートニャンザ湖滋賀県長浜市落合町ビクトリア[女王]ドナルド アイラーキャルヴァートンモブツセセセコ湖アルバートパークハリー イーグルテンポ・ルバートカリーニン大通りメンゲルベルク白ナイル[川]アルバート頁岩アルバート湖

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ルバートの関連情報