コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テーブルさん座 テーブルさんざMensa

翻訳|Mensa

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テーブルさん座
てーぶるさんざ / テーブル山座

天の南の近くにあるため、日本からはまったく見ることができない星座。すぐ北隣に肉眼で見える大マゼラン星雲(大マゼラン銀河)があるので、5等星数個の目だたない小星座ながら位置の見当はつけやすい。テーブル山は、南アフリカ共和国のケープ・タウンにある実在の山の名で、この地で南半球の天体観測を行った18世紀のフランスの天文学者N・L・ラカイユが星座として新設し、1763年に発表した。[藤井 旭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android