コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディアズ・ド・ラ・ペーニャ ディアズ・ド・ラ・ペーニャDiaz de la Peña, Narcisse-Virgile

1件 の用語解説(ディアズ・ド・ラ・ペーニャの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディアズ・ド・ラ・ペーニャ
Diaz de la Peña, Narcisse-Virgile

[生]1807.8.20. ボルドー
[没]1876.11.18. メントーネ
フランスの画家。スペインの被追放者の子として生れた。バルビゾン派に属する。 1825年 J.デュプレとともに陶器の絵付工となったが,画家を志し 31年サロンに初出品。 39年 T.ルソーと出会い,40年代からバルビゾン派の画家たちと交わる。林間にニンフやキューピッドの登場する幻想的な風景や,フォンテンブローの森を描いた。ロマンチックな心情をもち,ドラクロアを尊敬していた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ディアズ・ド・ラ・ペーニャの関連キーワード並木五瓶(初代)レザーノフスティロライトラテライト株式会社休明光記亀山焼三菱自動車五雲亭貞秀柴田是真

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone