ディートリヒ ボンヘッファー(英語表記)Dietrich Bonhoeffer

20世紀西洋人名事典の解説


1906.2.4 - 1945.4.9
ドイツの神学者,牧師。
元・世界教会協議会役員。
ブレスラウ生まれ。
チュービンゲンベルリン大学で学び、1927年学位論文「聖徒の交わり」で天才的な洞察力を示し、’30年米国のユニオン大学に留学、帰国後ベルリン大学私講師となる。ナチ政権の教会干渉で「ドイツ教会闘争」の一員として活動、’35年フィンケンワルデの非合法牧師研修所の責任者となり「告白教会」を支持、解雇される。一時渡米、’43年反ナチス抵抗運動で活動、ヒトラー暗殺計画に参加し逮捕、2年間の獄中生活の後処刑、獄中での書簡「現代キリスト教倫理」(’49年)、「抵抗と信従」(’51年)が出版される。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1906年2月4日
ヒトラー暗殺計画に参加したドイツのプロテスタント神学者
1945年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android