コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デバリエール Desvallières, Georges

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デバリエール
Desvallières, Georges

[生]1861.3.14. パリ
[没]1950. パリ
フランスの画家。 G.モローに師事,その象徴主義的画風に強い影響を受けた。 1883年サロン初出品,1900年代初頭から主として宗教的主題を描き,フランスやアメリカの聖堂の多数の装飾を手がける。 1919年 M.ドニとともにアトリエ・ダール・サクレを創設,宗教美術復興運動を推進した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デバリエールの関連キーワードモリース ドニモロー画家師事

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android