コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュブレカ デュブレカDubréka

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュブレカ
Dubréka

ギニア南西部の町。コナクリ北東約 40kmの鉄道沿線に位置。大西洋岸に近く,かつては奴隷の集積地であったが,1860年代にヨーロッパ人の交易拠点となり,コナクリ港完成まではコーヒー,ナンキンマメ,野生ゴムなどの輸出港であった。現在は米,魚類,バナナ,オレンジ,パイナップル,パーム油などの集散地で,首都圏に野菜も供給している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デュブレカの関連キーワードカリウム・アルゴン法同重体カリウム環境放射線放射能年代測定カリウム‐アルゴン法成層圏超伝導材料超伝導マグネット突然昇温

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android