コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリウムアルゴン法 カリウムアルゴンホウ

デジタル大辞泉の解説

カリウム‐アルゴンほう〔‐ハフ〕【カリウムアルゴン法】

放射年代測定の一。鉱物中に含まれるカリウム放射性同位体と、その崩壊によって生成するアルゴンとの量比から、鉱物が生成した年代を算出する。大気中のアルゴンが混入する場合、測定に大きな誤差が生じる。カリウムアルゴン年代測定法K-Ar法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カリウムアルゴン法の関連キーワードアルゴン・アルゴン法カリウム・アルゴン法コオビフォラ遺跡放射能年代測定神居古潭変成帯ハダール遺跡三波川変成岩気体保持年代年代決定法地球の年齢年代測定年代学海緑石

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android