コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリウムアルゴン法 カリウムアルゴンホウ

デジタル大辞泉の解説

カリウム‐アルゴンほう〔‐ハフ〕【カリウムアルゴン法】

放射年代測定の一。鉱物中に含まれるカリウム放射性同位体と、その崩壊によって生成するアルゴンとの量比から、鉱物が生成した年代を算出する。大気中のアルゴンが混入する場合、測定に大きな誤差が生じる。カリウムアルゴン年代測定法K-Ar法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カリウムアルゴン法の関連キーワードアルゴン・アルゴン法カリウム・アルゴン法コオビフォラ遺跡神居古潭変成帯放射能年代測定三波川変成岩ハダール遺跡気体保持年代年代決定法地球の年齢年代測定年代学海緑石

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android