コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュムーリエ Charles‐François Dumouriez

2件 の用語解説(デュムーリエの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

デュムーリエ【Charles‐François Dumouriez】

1739‐1823
フランス革命期の将軍。1792年にジロンド派内閣の外務大臣を務めた後,北部軍の指揮官となる。バルミーとジェマップの戦で勝利し,一時ベルギーオランダにまで侵攻したが,93年3月に敗北を喫し,ジャコバン派から批判された。そのため敵と内通し,国民公会を打倒しようとして逆にパリへの進軍を企てた。しかしこれに失敗し,93年4月,オーストリア軍に投降した。亡命先のロンドンで客死。【小井 高志】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デュムーリエ
でゅむーりえ
Charles Franois Dumouriez
(1739―1823)

フランス革命期の将軍。北フランス、ノール県のカンブレーに軍人の子として生まれる。ルイ・ル・グラン学院に学んだのち志願兵として軍に入り、七年戦争(1756~63)で軍功があり、和平後退役。のちサン・ルイの騎士になり、ルイ15世の密使としてポーランドスウェーデンに派遣され、失敗の責を問われてバスチーユに投獄される(1774)。政治にも関心をもつが軍役に復帰。革命の勃発(ぼっぱつ)後、中将でナントの司令官を務めたのち、1792年ジロンド派内閣の外相。対オーストリア宣戦を促進、6月陸相を兼任したが辞任。8月戦況の悪化にあたり総司令官として北フランスに出撃。9月20日にバルミー、11月6日にジェマップの2戦に勝利を得て人気があったが、翌93年3月ネルウィンデンで敗戦。その責任を問われるのを避けようと反乱を策して失敗し、オーストリア軍に投降した。諸国を転々とし反革命に活躍したが成功せず、最後の亡命地イギリスで死んだ。[樋口謹一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

デュムーリエの関連キーワード霊空荘厳ミサ曲木村嘉平シーボルトロゼロ菅野序遊科学史白河藩地方財政計画景清

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone