コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュムーリエ Charles‐François Dumouriez

2件 の用語解説(デュムーリエの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

デュムーリエ【Charles‐François Dumouriez】

1739‐1823
フランス革命期の将軍。1792年にジロンド派内閣の外務大臣を務めた後,北部軍の指揮官となる。バルミーとジェマップの戦で勝利し,一時ベルギーオランダにまで侵攻したが,93年3月に敗北を喫し,ジャコバン派から批判された。そのため敵と内通し,国民公会を打倒しようとして逆にパリへの進軍を企てた。しかしこれに失敗し,93年4月,オーストリア軍に投降した。亡命先のロンドンで客死。【小井 高志】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デュムーリエ
でゅむーりえ
Charles Franois Dumouriez
(1739―1823)

フランス革命期の将軍。北フランス、ノール県のカンブレーに軍人の子として生まれる。ルイ・ル・グラン学院に学んだのち志願兵として軍に入り、七年戦争(1756~63)で軍功があり、和平後退役。のちサン・ルイの騎士になり、ルイ15世の密使としてポーランドスウェーデンに派遣され、失敗の責を問われてバスチーユに投獄される(1774)。政治にも関心をもつが軍役に復帰。革命の勃発(ぼっぱつ)後、中将でナントの司令官を務めたのち、1792年ジロンド派内閣の外相。対オーストリア宣戦を促進、6月陸相を兼任したが辞任。8月戦況の悪化にあたり総司令官として北フランスに出撃。9月20日にバルミー、11月6日にジェマップの2戦に勝利を得て人気があったが、翌93年3月ネルウィンデンで敗戦。その責任を問われるのを避けようと反乱を策して失敗し、オーストリア軍に投降した。諸国を転々とし反革命に活躍したが成功せず、最後の亡命地イギリスで死んだ。[樋口謹一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デュムーリエの関連キーワードカルノーギゾーコレージュ市民革命ジャコバン派タレーランフランス革命ルフェーブル第一共和制フランス革命広場

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone