コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュ・カン Du Camp, Maxime

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュ・カン
Du Camp, Maxime

[生]1822.2.8. パリ
[没]1894.2.9. バーデンバーデン
フランスのジャーナリスト,小説家。フローベールの友人で,一緒に各地を旅行。 1851年『パリ評論』 Revue de Parisを創刊,56年フローベールの『ボバリー夫人』を掲載した。小説,詩,評論などの著書多数があるが,おもに旅行記『東方の思い出と風景』 Souvenir et paysages d'Orient (1848) や『文学的回想』 Souvenirs littéraires (82~83) などで知られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デュ・カンの関連キーワードデュ・カンジュフローベール12月18日風景写真蓮實重彦

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android