コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デューア デューア Dewar, Sir James

1件 の用語解説(デューアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デューア
デューア
Dewar, Sir James

[生]1842.9.20. スコットランド,キンカーディン
[没]1923.3.27. ロンドン
イギリスの化学者,物理学者エディンバラ大学で学んだあと,ドイツの F.ケクレに師事。ケンブリッジ大学教授となり (1875) ,王立研究所教授を兼ねる (77) 。極低温の研究で知られ,1891年には液体酸素大量生産する装置を開発し,93年には液化ガス用のデューア瓶 (ジャー) を発明し,空気の液化 (95) ,水素の液化 (98) ,水素の固化 (99) に成功した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デューアの関連キーワードスコットランドヤードスコッチツイードスコット記念碑Highlandsウルトラマンスコットスコッティ スコット フレグランススコットランド幻想曲スコットランド室内管弦楽団スコッチ炭スコットランド風

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone