コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デューイング Dewing, Thomas Wilmer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デューイング
Dewing, Thomas Wilmer

[生]1851.5.4. ボストン
[没]1938.11.5. ニューヨーク
アメリカの画家。パリのアカデミー・ジュリアンで H.ブーランジェや J.ルフェビュールに学び,ミュンヘンでも修業。印象主義に共鳴し,1888年ナショナル・アカデミー会員。「ザ・テン」と呼ばれるアメリカの画家グループの中心的存在であった。淡い色彩と洗練された優雅な筆致で,若い女性の姿を好んで描いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デューイングの関連キーワードルフェビュールブーランジェミュンヘン

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android