コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デリミター

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

デリミター

データの区切りに使う記号や制御文字のことで、セパレーター分離記号とも呼ばれる。表計算ソフトのデータをCSV形式で保存するときのカンマ(,)、タブ区切りテキストのタブ記号、ファイルの場所をパスで表示するときのディレクトリーを区切るスラッシュ(/)などがこれにあたる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

デリミター【delimiter】

表計算ソフトやデータベースで用いられるファイルにおいて、データの区切りに用いる記号や制御文字。カンマで区切るファイル形式を「CSV」、タブで区切るファイル形式を「TSV」という。◇コンピューターの分野では「デリミタ」ということが多い。「セパレーター」「分離記号」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

デリミター【delimiter】

コンピューターで、データの区切りを示す文字・符号。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android