コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デルタテリディウム Deltatheridium

世界大百科事典 第2版の解説

デルタテリディウム【Deltatheridium】

モンゴルの白亜紀後期の地層(約7800万年前)から恐竜の化石とともに発見された,頭骨長3.5cmのネズミ大の哺乳類の1属。上顎(じようがく)の臼歯の咀嚼(そしやく)面が三角形をしていて,歯数や歯の形態から原始的な哺乳類とされる。かつては正獣類(有胎盤類)の最古のものと考えられ,食虫類に含められたこともあるが,後獣類(有袋類)との類似性も強い。現在は,正獣類と後獣類の中間段階のものとして,正獣類でも後獣類でもない,第3の絶滅した系統の群に含められている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

デルタテリディウムの関連キーワード中国の環境問題ライトノベルKARA江戸っ子1号原爆症の認定しまなみ海道遠距離候補者の辞退架空事務所届け出疑惑佐田行革担当相の架空事務所届け出疑惑若年認知症

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デルタテリディウムの関連情報