コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デルタテリディウム Deltatheridium

1件 の用語解説(デルタテリディウムの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

デルタテリディウム【Deltatheridium】

モンゴルの白亜紀後期の地層(約7800万年前)から恐竜の化石とともに発見された,頭骨長3.5cmのネズミ大の哺乳類の1属。上顎(じようがく)の臼歯の咀嚼(そしやく)面が三角形をしていて,歯数や歯の形態から原始的な哺乳類とされる。かつては正獣類(有胎盤類)の最古のものと考えられ,食虫類に含められたこともあるが,後獣類(有袋類)との類似性も強い。現在は,正獣類と後獣類の中間段階のものとして,正獣類でも後獣類でもない,第3の絶滅した系統の群に含められている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デルタテリディウムの関連キーワードオノン川白亜紀プロトケラトプスモンゴル語モンゴルフィエ兄弟モンゴル文字内モンゴル自治区地質系統白亜系蒙古

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone