コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デレンタイ(徳楞泰) デレンタイ Delentai

1件 の用語解説(デレンタイ(徳楞泰)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デレンタイ(徳楞泰)
デレンタイ
Delentai

[生]乾隆10(1745).北京
[没]嘉慶14(1809)
中国,清朝中期の武将。ウミト (伍弥特) 氏出身の正黄旗蒙古旗人。字は惇堂。諡は壮果。乾隆朝で金川,台湾の平定に従軍して功を立て参領となり,継勇巴図魯の号を賜わった。乾隆 57 (1792) 年にフカンガ (福康安) に従ってグルカに遠征,同 60年には苗民の乱の平定に活躍し,護軍統領,署領侍衛内大臣に累進し,二等子の爵位に封じられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デレンタイ(徳楞泰)の関連キーワード朱昴之張得天張宗蒼N没・歿勃・歿・没三希北京原人 Who are you?Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone