コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デンバー効果(読み)デンバーコウカ

法則の辞典の解説

デンバー効果【Dember effect】

半導体,または導体の一面に光を当てると,物体中に電場が生じる現象をいう.光照射によって電子正孔の対がつくられるが,電子のほうが移動しやすいために,照射を受けなかったほうの面に負の電荷が,照射面に正の電荷が現れる.別名を「光拡散効果」ともいう.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

世界大百科事典内のデンバー効果の言及

【光電効果】より

…このため,電子,正孔とももう一方の電極のほうに拡散するが,通常,電子の拡散速度は正孔のそれより大きいため,電子が多く存在する部分と正孔が多く存在する部分が分離し,電極間に起電力を生ずる。この現象をデンバー効果という。またデンバー効果を起こす試料に,光の照射方向と垂直方向に磁界を加えると,デンバー効果で生じた拡散電流がローレンツ力を受け,光の照射方向と磁界の方向の両者に垂直な方向に起電力を生ずる。…

※「デンバー効果」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android