デービッズ(英語表記)Davids, Thomas William Rhys

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デービッズ
Davids, Thomas William Rhys

[生]1843.5.12. コルチェスター
[没]1922.12.27. サリー,チップステッド
イギリスの仏教学者。裁判官としてセイロン (スリランカ) に滞在したが,1883年からロンドン大学教授としてパーリ語を講じ,マンチェスター大学でも比較宗教学を教えた (1904~15) 。彼の最大の功績はパーリ語聖典協会を設立して,多数のパーリ語聖典をローマ字に転写して出版したことである。著書『本生話』 Buddhist birth stories (1880) ,『パーリ語=英語辞典』 Pāli-English dictionary (1921~25,W.ステッド共著) などがある。また妻キャロラインも仏教学の権威として有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

デービッズ【Thomas William Rhys Davids】

1843‐1922
イギリスの仏教学者。裁判官として当時イギリス領植民地であったセイロン(スリランカ)に赴任中より,パーリ語と南伝仏教の研究を重ねる。1882年よりロンドン大学教授としてパーリ語を講じ,1904‐15年にはマンチェスター大学で比較宗教学を講じた。またパーリ語原典協会を設立(1881),パーリ語による南伝仏典のローマ字化出版を促進した。主著に《仏教》(1878),W.ステッドとの共著《パーリ・英語辞典》(1921‐25)などがあり,《本生話集》(1880),《ミリンダ王の問い》(1890‐94)など翻訳も多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のデービッズの言及

【オルデンベルク】より

…キール大学,ゲッティンゲン大学で梵語,パーリ語,仏教学を講じた。リス・デービッズThomas William Rhys Davidsと並んで,パーリ語仏典研究に先駆者的役割を果たし(1879‐83年に律蔵全部の原典校訂出版),仏教思想の源流をウパニシャッドに求め(《ウパニシャッドより仏教まで》1915),仏陀の歴史的存在を文献的に立証した(《仏陀,その生涯・教理・教団》1881)ことで有名。【丸井 浩】。…

【オルデンベルク】より

…キール大学,ゲッティンゲン大学で梵語,パーリ語,仏教学を講じた。リス・デービッズThomas William Rhys Davidsと並んで,パーリ語仏典研究に先駆者的役割を果たし(1879‐83年に律蔵全部の原典校訂出版),仏教思想の源流をウパニシャッドに求め(《ウパニシャッドより仏教まで》1915),仏陀の歴史的存在を文献的に立証した(《仏陀,その生涯・教理・教団》1881)ことで有名。【丸井 浩】。…

※「デービッズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デービッズの関連情報