コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デ・バレラ Eamon De Valera

1件 の用語解説(デ・バレラの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

デ・バレラ【Eamon De Valera】

1882‐1975
アイルランド民族主義的政治家。アメリカニューヨーク市で生まれ,父の死により3歳のときからアイルランドの母方の祖母のもとで育てられた。数学教師として教壇に立つ一方,ゲーリック協会に加盟し,民族主義運動を続けた。1916年のイースター蜂起では義勇軍指揮官としてイギリス軍と戦い,敗れて死刑を宣告されるが,アメリカ生れのため17年に釈放された。その後の独立闘争でも一貫して指導的役割を果たした。アイルランド自由国成立後,一時期はこれを拒否したが,やがて国会に復帰し,32年から首相(1932‐48,51‐54,57‐59)を務めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のデ・バレラの言及

【アイルランド】より


[アイルランド共和国]
 自由国政府は発足当初から経済発展に力を注いだ。1932年にはデ・バレラの率いるフィナ・フォイルが組閣し,土地購入代金のイギリスへの返済を拒否して対英経済戦争(1932‐38)をおこし,その代金を国内政策に振り向けるなど,経済の立直しにあたった。この間37年には憲法を制定して全島を国土とする〈主権をもつ独立民主国家〉と宣言し,大統領を元首とし,国名をアイルランド語でエール(英語でアイルランド)と定めた。…

【シン・フェーン党】より

…第1次大戦に際して徴兵反対運動を起こし,にわかに支持を集めたが,1916年のイースター蜂起では,直接にはかかわりをもたなかった(ただし,この蜂起を鎮圧側はシン・フェーン反乱と呼んだ)。17年春,デ・バレラが議長に就任し,目標を独立共和国の樹立に定める新しい運動が展開された。18年の総選挙で圧倒的支持を得たシン・フェーン議員は,ウェストミンスター議会に出席することを拒み,19年1月ダブリンで第1回国民議会を開催,独立宣言を採択し,デ・バレラを大統領に選出した。…

※「デ・バレラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デ・バレラの関連キーワードアイルランド語アルスター北アイルランドピアス民族主義アイリッシュシンフェイン党INLA聖ピーターアイルランド教会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone