トゥーンベリ(英語表記)Thunberg, Carl Peter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥーンベリ
Thunberg, Carl Peter

[生]1743.11.11. エンチェピング
[没]1828.8.8. ウプサラ近郊
スウェーデンの植物学者,医師。ウプサラ大学で医学と植物学を学び,オランダ東インド会社員外船医となる。 1775 (安永4) 年,喜望峰を経て長崎に来着し,日本に1年間滞在した。その間,商館長の江戸参府に同行して桂川甫周中川淳庵ら蘭学者と交わった。帰国後,師の C.リンネの跡を継いでウプサラ大学植物学教授となった。また,海外から持帰った植物標本を整理し,"Flora Japonica" (日本植物誌,1784) ,"Resa uti Europa,Africa,Asia" (ヨーロッパ,アフリカ,アジア旅行記,4冊,88~93) などを著わした。後者の一部の邦訳が「ツンベルク日本紀行」 (『異国叢書』所収) である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android