コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トキワガキ(常磐柿) トキワガキDiospyros morrisiana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トキワガキ(常磐柿)
トキワガキ
Diospyros morrisiana

カキノキ科の常緑小高木で,トキワマメガキともいう。伊豆半島以西の本州,四国,九州,琉球列島,中国南部,台湾に分布する。幹は直立し高さ 7m。若枝には伏毛と微細な小突起毛があるが,老木では樹皮が黒色となる。葉は短柄があって互生し,長楕円形で長さ5~12cm,全縁で先はとがり基部は楔形。花期は6月で,雌雄異株。雄花は1~2個ずつつき,は倒円錐形で4歯あり,外面に褐色圧毛を密生する。おしべは 16本で (やく) は有毛。雌花は短柄があって葉腋に下向きに単生する。花冠は淡黄色で長さ7~8mm,先端が4裂し,内側に退化おしべ4本とめしべ1本がある。子房は無毛。果実は径 1.5~2cmの球形の液果で黄熟し,のちに暗紫色となる。和名は四季を通じて葉が緑色であることによる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android