コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北元 ほくげんPei-yüan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北元
ほくげん
Pei-yüan

中国における元朝の崩壊後,モンゴルの地に引続き存続した元朝勢力に対する側の呼称。 1368年元の最後の皇帝トゴン・テムル (→順帝) は上都を追われ,70年に応昌の地で死んだ。その子アーユシュリーダラ (愛猷識理達臘) が跡を継いだが明軍に追われ,カラコルムに逃亡。ここで旧元の勢力の回復をはかったが,馮勝,李文忠らの率いる明軍に絶えず脅かされ,その意を果さぬまま 78年に死んだ。のちその弟のトクズ・テムル (脱古思帖木児) が即位したが,87年に北元の東部地域を支配していたナガチュ (納哈出) が明と戦って敗れてくだるに及び,トクズ・テムルはこれを助けようとしてブイルノール付近にまで来た。しかし藍玉に率いられた明軍に敗れ,カラコルムへ逃れようとしたが,その途中同族のイェスデル (也速迭児) のため殺され (1388) ,北元皇帝の権威はこれ以後地に落ちた。 16世紀初めダヤン・ハン (達延汗) が現れ中興し,その後も命脈を保ち,1634年最後の大元皇帝リンダン (林丹) が満州に興った後金の太宗ホンタイジ (皇太極) の攻撃を受けて西方へ逃れ,途中で病死して北元のハン位は終った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほく‐げん【北元】

中国、初に中国本土を追われモンゴルに退いたの残存勢力の称。明の洪武帝朱元璋)による再三の攻撃により、1388年に滅亡した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

北元【ほくげん】

中国,元朝の後身。明朝によって1368年中国を追われ,モンゴルに退き,ここで元朝の再興をはかり,明と対抗したが1388年明軍に討たれて滅亡。
→関連項目元(王朝)洪武帝

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ほくげん【北元】

中国、元朝が1368年に滅亡してのち明に追われてモンゴル地方に退いた元の残存勢力。88年、明の北征をうけて衰亡。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北元
ほくげん

中国、明(みん)代の初めにモンゴル地方に退いた元の残存勢力。1368年明軍が大都(北京(ペキン))に迫るや、元の順帝は戦わずして上都開平府(内モンゴル自治区)に逃れた。これ以後を北元という。翌年9万の明軍が上都に迫ったので、順帝は応昌(おうしょう)(内モンゴル自治区)に逃れ、この地で病死した。これを知った明軍は応昌に迫り、北元軍の大部分を降したが、順帝の子アユルシリダラ(昭宗)は数十騎を率いてカラコルムに逃れた。甘粛(かんしゅく)方面で元の領土を守っていたククテムルもこのころカラコルムに移り、アユルシリダラを助けて北元勢力の回復に努め、宣光と改元した(1371)。明は翌72年、15万の大軍を三道に分けて北征させ、天山方面との連絡を絶つことに成功した。78年アユルシリダラの死後、弟のトグステムルがたち、天元と改元した。当時、満州北部はその臣ナハチュの支配下にあって北元の左翼勢力を形成しており、朝鮮半島の高麗(こうらい)も北元と連携していた。明はまず遼東(りょうとう)を経略して高麗を孤立させ、87年大軍を送ってナハチュを降し、翌年フルンブイル地方に進み、北元の本隊を壊滅させた。トグステムルはカラコルムへ敗走の途中、反臣エスデルに殺され、モンゴル地方は長い混乱期に入った。[青木富太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の北元の言及

【モンゴリア】より

… 1368年(至正28),元朝は明によって滅びたが,モンゴリアはその後20年にわたり,元朝の末裔によって支配された。明はこれを北元と呼んだ。その後,西モンゴルのオイラートの勢力が浸透し,とくにトゴン,エセンの活躍が目だっている。…

※「北元」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

北元の関連キーワードアーユシュリーダラ(愛猷識理達臘)トクズ・テムル(脱古思帖木児)トクトア・ブハ(脱脱不花)ダヤン・ハン(達延汗)アルクタイ(阿魯台)オルジェイ・テムルカラコルム(和林)オイラート(瓦剌)ウリヤンハン三衛リンダン(林丹)リンダン・ハンエセン(也先)順帝[元]北アジア史阿剌知院岩波午心胡藍の獄イブライ鴨北元鬼力赤

北元の関連情報