コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

順帝[元] じゅんてい[げん]Shun-di; Shun-ti

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

順帝[元]
じゅんてい[げん]
Shun-di; Shun-ti

[生]延祐7(1320)
[没]洪武3=至正30(1370).応昌
中国,元末の皇帝 (在位 1333~70) 。順帝は明の諡号。北元の諡号は恵宗。諱はトゴン・テムル (妥懽帖睦爾) 。第8代明宗の長子。少年時代は高麗や広西に流され,不遇であった。即位後権臣の抗争と漢人の反元朝反乱のなかに在位。治世の前半は政務の干害水害対策などに尽力したが,後半はラマ教におぼれて政治を怠り,紅巾の乱 (→紅巾軍 ) 鎮圧にも無策で,明の太祖 (→洪武帝 ) の進撃に対し,洪武1 (68) 年首都大都 (現北京) を放棄し,応昌で死没した。在位年は元の皇帝中最長。性格は穏やかで,漢文化を愛好した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

順帝[元]の関連キーワード北元至正順帝諡号

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android