トゲバンレイシ(刺蕃茘枝)(読み)トゲバンレイシ(英語表記)Annona muricata; soursop

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゲバンレイシ(刺蕃茘枝)
トゲバンレイシ
Annona muricata; soursop

バンレイシ科の落葉果樹。熱帯アメリカ原産で,同属チェリモヤバンレイシ (蕃茘枝) などと同様に熱帯各地で栽培される。葉は互生し柄があり,長さ 12~20cmの楕円形でカキの葉によく似る。夏,葉腋に径3~4cmの黄褐色の花をつける。花には3枚の大きな萼片と6枚の花弁があり,肉厚である。果実集合果で,長さ 20cmあまりの卵形であるが,先はややとがり彎曲している。表面は黄色に熟し,おびただしい刺状突起がある。果肉は白く多汁甘酸味が強く,生食されるほか,ジャム,アイスクリームなどに使われる。シャシャップの名もあるが,これは英名 soursopのなまりである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android