コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンレイシ科 バンレイシかAnnonaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バンレイシ科
バンレイシか
Annonaceae

双子葉植物モクレン目の1科。熱帯地方,特に旧大陸の熱帯,亜熱帯を中心に 120属 2000種以上が知られている。ごく一部の例外を除いて高木または低木となり,分裂しない単葉を互生または対生する。花は放射相称両性花 (ときに単性花) で,花被片は3~6枚,外側に萼片状の1~2枚がつく。おしべは無数にあって螺旋状に配列し,めしべも多数ある。これらのめしべ (→子房 ) は果時に癒合して大きな集合果をつくることが多い。集合果は多肉,多汁で食用となるものも多く,バンレイシ (蕃茘枝) チェリモヤ (ともに Annona属) ,ポーポー (Asimina属) などは代表的な熱帯果樹である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

バンレイシ科の関連キーワードトゲバンレイシ(刺蕃茘枝)アリゲーターアップルバンレイシ(蕃茘枝)シュガーアップルイランイランノキアゲハチョウイランイランモクレン科熱帯植物刺蕃茘枝コモロポポー牛心梨釈迦頭

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android