コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蕃茘枝 バンレイシ

デジタル大辞泉の解説

ばん‐れいし【××茘枝】

バンレイシ科の落葉低木。高さ約5メートル。葉は楕円形、花は小さくて黄緑色。実は球形で黄緑色に熟し、いぼ状の突起に覆われ、釈迦の頭にたとえて仏頭果ともいう。果肉はクリーム状で香りと甘味があり、食用。熱帯アメリカの原産。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ばんれいし【蕃茘枝】

バンレイシ科の半落葉低木。熱帯アメリカ原産で、果樹として熱帯各地で広く栽培される。果実は径約10センチメートルの卵球形の集合果。果肉はクリーム状で甘く、生食する。同属で果樹として栽培されるものは他に数種ある。釈迦頭しやかとう。 → チェリモヤ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蕃茘枝 (バンレイシ)

学名:Annona squamosa
植物。バンレイシ科の半常緑低木

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

蕃茘枝の関連キーワードトゲバンレイシ(刺蕃茘枝)バンレイシ(蕃茘枝)チェリモヤバンレイシ果樹