コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェリモヤ チェリモヤ Annona cherimola; cherimoya

7件 の用語解説(チェリモヤの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェリモヤ
チェリモヤ
Annona cherimola; cherimoya

バンレイシ科の常緑高木。ペルーエクアドル原産の熱帯性果樹で,中央アメリカメキシコでは半野生状態になっている。 18世紀前半にヨーロッパへも伝えられた。葉は互生し,卵形ないし楕円形で上面に粗毛,下面に絨毛を生じ暗緑色である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

チェリモヤ(cherimoya)

バンレイシ科の低木。ペルー、エクアドルの山地原産。果実は緑色。果肉は白くて甘酸っぱく、生食される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

チェリモヤ

バンレイシ科の落葉小高木で,樹高は4〜8mになる。アンデス原産で,ペルーでは有史以前から栽培されていた。冬季温暖で夏季冷涼な乾燥した気候を好み,現在では中南米,米国カリフォルニアスペインイタリアなどで栽培されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

チェリモヤ

 [Annona cherimola].モクレンバンレイシ科バンレイシ属に属する.ペルー,エクアドル,米国などで栽培される植物で,果実を食用にする.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

チェリモヤ【cherimoya】

バンレイシ科の常緑樹。枝は開張性で樹高数mとなる。果実は熱帯世界の三大美果としてパイナップルマンゴスチンと並び称されている。冬のはっきりした地域では低温期に落葉する。葉は倒卵形で,果実は多数の心皮が合生した集合果で,径10~15cmの球形か心臓形で黄緑色に熟す。果面は亀甲(きつこう)状をなし,果肉は白色のクリーム状でカキに類似した種子が20個ほど混在する。この混在が食べるうえでの欠点ともなる。種子と果肉部分の分離は容易である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

チェリモヤ【cherimoya】

バンレイシ科の果樹。エクアドルからペルーにかけて産する。果実は径約15センチメートルの卵形。バンレイシ類では最も美味とされ、生食のほか、清涼飲料などに加工される。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チェリモヤ
ちぇりもや
cherimoya
[学]Annona cherimola Mill.

バンレイシ科の落葉低木。エクアドル、ペルーのアンデス中腹の亜熱帯地方原産。葉は短い葉柄があり、卵形または卵状披針(ひしん)形で長さ十数センチメートル、全縁で暗緑色をなし、裏面にビロード状の毛がある。花は葉腋(ようえき)に単生し、芳香があり、黄緑色で長さ約3センチメートル。花弁は6枚、内片は鱗片(りんぺん)状で小さい。果実は球形から心臓形で径10~15センチメートル、果皮はコルク質で鱗(うろこ)状に折り重なる。果肉は白色のクリーム状で芳香があり、甘酸っぱい。カスタードアップルの名でよばれ、生食される。[飯塚宗夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チェリモヤの関連キーワードバンレイシ(蕃茘枝)ヤマモガシリュウガン(竜眼)糸杉イランイラン鼠刺蕃茘枝枝垂れ糸杉バンレイシイランイランノキ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チェリモヤの関連情報