コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェリモヤ Annona cherimola; cherimoya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェリモヤ
Annona cherimola; cherimoya

バンレイシ科の常緑高木。ペルーエクアドル原産の熱帯性果樹で,中央アメリカやメキシコでは半野生状態になっている。 18世紀前半にヨーロッパへも伝えられた。葉は互生し,卵形ないし楕円形で上面に粗毛,下面に絨毛を生じ暗緑色である。花は腋生し,葉と対生する。果実はほぼこぶし大で,球形,心臓形,卵形など一定した形がなく,初め緑色であるが熟すると灰色になる。果肉は白いアイスクリーム状で強い芳香を放ち,糖分,蛋白質が多く甘い。パイナップルマンゴスチンとともに世界の三大美果に数えられている。果実として食用にされるほか,薬用にもされる。属名はハイチ島の先住民の言葉から出たもの。ギュウシンリ (牛心梨) A. reticulata; custard appleも近縁の植物で果樹として栽培される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

チェリモヤ(cherimoya)

バンレイシ科の低木。ペルー、エクアドルの山地原産。果実は緑色。果肉は白くて甘酸っぱく、生食される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

チェリモヤ

バンレイシ科の落葉小高木で,樹高は4〜8mになる。アンデス原産で,ペルーでは有史以前から栽培されていた。冬季温暖で夏季冷涼な乾燥した気候を好み,現在では中南米,米国カリフォルニア,スペインイタリアなどで栽培されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

チェリモヤ

 [Annona cherimola].モクレン目バンレイシ科バンレイシ属に属する.ペルー,エクアドル,米国などで栽培される植物で,果実を食用にする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チェリモヤ【cherimoya】

バンレイシ科の常緑樹。枝は開張性で樹高数mとなる。果実は熱帯世界の三大美果としてパイナップル,マンゴスチンと並び称されている。冬のはっきりした地域では低温期に落葉する。葉は倒卵形で,果実は多数の心皮が合生した集合果で,径10~15cmの球形か心臓形で黄緑色に熟す。果面は亀甲(きつこう)状をなし,果肉は白色のクリーム状でカキに類似した種子が20個ほど混在する。この混在が食べるうえでの欠点ともなる。種子と果肉部分の分離は容易である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

チェリモヤ【cherimoya】

バンレイシ科の果樹。エクアドルからペルーにかけて産する。果実は径約15センチメートルの卵形。バンレイシ類では最も美味とされ、生食のほか、清涼飲料などに加工される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チェリモヤ
ちぇりもや
cherimoya
[学]Annona cherimola Mill.

バンレイシ科の落葉低木。エクアドル、ペルーのアンデス中腹の亜熱帯地方原産。葉は短い葉柄があり、卵形または卵状披針(ひしん)形で長さ十数センチメートル、全縁で暗緑色をなし、裏面にビロード状の毛がある。花は葉腋(ようえき)に単生し、芳香があり、黄緑色で長さ約3センチメートル。花弁は6枚、内片は鱗片(りんぺん)状で小さい。果実は球形から心臓形で径10~15センチメートル、果皮はコルク質で鱗(うろこ)状に折り重なる。果肉は白色のクリーム状で芳香があり、甘酸っぱい。カスタードアップルの名でよばれ、生食される。[飯塚宗夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

チェリモヤの関連キーワードトゲバンレイシ(刺蕃茘枝)バンレイシ(蕃茘枝)バンレイシ清涼飲料蕃茘枝

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android