コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トビイロウンカ トビイロウンカ Nilaparvata lugens

3件 の用語解説(トビイロウンカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トビイロウンカ
トビイロウンカ
Nilaparvata lugens

半翅目同翅亜目ウンカ科。体長 (翅端まで) 3.5~5mm。体は黄褐色ないし暗褐色で光沢がある。セミに似るが頭部は小さく,翅は長い。後肢 跗節第1節下面に2~5本のとげがあるのが Nilaparvata属の特徴である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

トビイロウンカ

半翅(はんし)目ウンカ科の昆虫。体長(翅端まで)4.5mm内外,光沢ある黄褐〜暗褐色。日本全土,中国〜インドの東洋熱帯全域とオーストラリアに広く分布。年数回発生するが,特に秋に多いため秋ウンカともいわれる。
→関連項目ウンカ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トビイロウンカ
とびいろうんか / 鳶色浮塵子
brown plant-hoppers
[学]Nilaparvata lugens

昆虫綱半翅(はんし)目同翅亜目ウンカ科Delphacidaeに属する昆虫。セジロウンカ、ヒメトビウンカとともにイネの害虫として有名。長翅型と短翅型があり、体長は長翅型で翅端まで4.5~5ミリ、短翅型で約3.3ミリ。体は全体が淡褐色ないし暗褐色で、鈍い光沢がある。頭部の隆条は顕著でなく、後脚第一(ふせつ)に二~六本の棘(とげ)が列生する。東南アジアに広く分布し、イネ科草本類に寄生する。日本では晩夏から発生量が増えるので「秋ウンカ」の名がある。近似種にトビイロウンカモドキN. bakeri、ニセトビイロウンカN. muiriが知られ、雄の生殖器の形状で区別される。これらの種も日本に分布し、イネの害虫である。[林 正美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のトビイロウンカの言及

【ウンカ】より

…種によっては,夜間に灯火にひかれて人家に飛来することもある。 ウンカの中で,セジロウンカ,トビイロウンカ,ヒメトビウンカLaodelphax striatellus(イラスト)はイネの大害虫として著名である。セジロウンカSogatella furcifera(イラスト)は7~8月に発生のピークがあるので〈夏ウンカ〉と呼ばれ,トビイロウンカNilaparvata lugens(イラスト)は9~10月に大発生するので〈秋ウンカ〉と呼ばれる。…

※「トビイロウンカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トビイロウンカの関連キーワードセジロウンカ半翅類ヒメトビウンカベッコウハゴロモテングスケバ同翅類ヒシウンカヒメハルゼミ浮塵子鳶色浮塵子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トビイロウンカの関連情報