トビイロウンカ(英語表記)Nilaparvata lugens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トビイロウンカ
Nilaparvata lugens

半翅目同翅亜目ウンカ科。体長 (翅端まで) 3.5~5mm。体は黄褐色ないし暗褐色で光沢がある。セミに似るが頭部は小さく,翅は長い。後肢 跗節第1節下面に2~5本のとげがあるのが Nilaparvata属の特徴である。有名なイネの大害虫で,晩秋に被害が多いので「秋ウンカ」とも呼ばれる。日本全土,台湾,東南アジアに分布する。近縁にトビイロウンカモドキ N. bakeriとニセトビイロウンカ N. muiriが知られる。 (→ウンカ , セジロウンカ )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

トビイロウンカ

半翅(はんし)目ウンカ科の昆虫。体長(翅端まで)4.5mm内外,光沢ある黄褐〜暗褐色。日本全土,中国〜インドの東洋熱帯全域とオーストラリアに広く分布。年数回発生するが,特に秋に多いため秋ウンカともいわれる。幼虫・成虫ともにイネに群生し吸汁,被害は日本では南部に多い。セジロウンカとともにイネの大害虫として知られるが,最近は農薬の発達により被害は減少。
→関連項目ウンカ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トビイロウンカ
とびいろうんか / 鳶色浮塵子
brown plant-hoppers
[学]Nilaparvata lugens

昆虫綱半翅(はんし)目同翅亜目ウンカ科Delphacidaeに属する昆虫。セジロウンカ、ヒメトビウンカとともにイネの害虫として有名。長翅型と短翅型があり、体長は長翅型で翅端まで4.5~5ミリ、短翅型で約3.3ミリ。体は全体が淡褐色ないし暗褐色で、鈍い光沢がある。頭部の隆条は顕著でなく、後脚第一(ふせつ)に二~六本の棘(とげ)が列生する。東南アジアに広く分布し、イネ科草本類に寄生する。日本では晩夏から発生量が増えるので「秋ウンカ」の名がある。近似種にトビイロウンカモドキN. bakeri、ニセトビイロウンカN. muiriが知られ、雄の生殖器の形状で区別される。これらの種も日本に分布し、イネの害虫である。[林 正美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のトビイロウンカの言及

【ウンカ】より

…種によっては,夜間に灯火にひかれて人家に飛来することもある。 ウンカの中で,セジロウンカ,トビイロウンカ,ヒメトビウンカLaodelphax striatellus(イラスト)はイネの大害虫として著名である。セジロウンカSogatella furcifera(イラスト)は7~8月に発生のピークがあるので〈夏ウンカ〉と呼ばれ,トビイロウンカNilaparvata lugens(イラスト)は9~10月に大発生するので〈秋ウンカ〉と呼ばれる。…

※「トビイロウンカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android