コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トビヤ家 トビヤけTobiads

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トビヤ家
トビヤけ
Tobiads

前3世紀頃のヨルダン川東部地域の有力家系。聖書では,バビロニア捕囚から帰還した人々のなかに「トビヤの子孫」を称する一団があったが,「イスラエルの者であることを明らかにすることはできなかった」 (エズラ記2・60) といわれている。当時パレスチナを支配していたエジプトのプトレマイオス朝と手を結び,同時にエルサレム神殿の大祭司とも通じていた。前 175年アンチオコス4世が即位したあと,トビヤ家のヒュルカノスは自殺し,トビヤ家は断絶。トビヤ家の居城はアンマンの西方 16km,現アラクエルエミルに廃虚として残っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android