コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トビヤ家 トビヤけTobiads

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トビヤ家
トビヤけ
Tobiads

前3世紀頃のヨルダン川東部地域の有力家系。聖書では,バビロニア捕囚から帰還した人々のなかに「トビヤの子孫」を称する一団があったが,「イスラエルの者であることを明らかにすることはできなかった」 (エズラ記2・60) といわれている。当時パレスチナを支配していたエジプトのプトレマイオス朝と手を結び,同時にエルサレム神殿の大祭司とも通じていた。前 175年アンチオコス4世が即位したあと,トビヤ家のヒュルカノスは自殺し,トビヤ家は断絶。トビヤ家の居城はアンマンの西方 16km,現アラクエルエミルに廃虚として残っている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android