トマスによるイエスの幼時物語(読み)トマスによるイエスのようじものがたり(英語表記)Infancy Story of Thomas

世界大百科事典 第2版の解説

トマスによるイエスのようじものがたり【トマスによるイエスの幼時物語 Infancy Story of Thomas】

新約聖書の外典のうち,〈幼時福音書〉と総称される一群の文書の一つで,《ヤコブ原福音書》に次いで古く,2世紀の成立。幼児イエスに関する後代の逸話を読物として並列させたもので,最後は〈12歳のイエス〉で巻を閉じている。特定の教義的関心は希薄で,同じ外典文書の《トマス福音書》との関連もない。ギリシア語の外,多数の古代語の翻訳写本が残存する。【大貫 隆】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android