コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大貫 おおぬき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大貫
おおぬき

茨城県東部,大洗町の集落。旧町名。 1954年磯浜町と合体して大洗町となった。街村状の町並みで海岸は海水浴場の適地

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おお‐ぬき〔おほ‐〕【大貫】

幅12センチ、厚さ3センチ前後、長さ360センチの杉・(ひのき)・松の板材

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおぬき【大貫】

旧製材規格の一。幅3.8~3.9寸(約11センチメートル)、厚さ8~9分(約2.5センチメートル)、長さ2間(約3.6メートル)の板材。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大貫の関連キーワードおにぎり ARCADIA物語トマスによるイエスの幼時物語日本スキー発祥記念館ニュアンスしましょ哀しみのアダージョ延岡携帯基地局訴訟妖怪変化殺人事件豪華絢爛殺人事件三人姉妹殺人事件大洗県立自然公園起承転結殺人事件東西南北殺人事件結婚記念殺人事件冠婚葬祭殺人事件ABCD殺人事件SU(3)対称性流行作家殺人事件四字熟語殺人事件女優志願殺人事件人畜無害殺人事件

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大貫の関連情報