大貫(読み)おおぬき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大貫
おおぬき

茨城県東部,大洗町の集落。旧町名。 1954年磯浜町と合体して大洗町となった。街村状の町並みで海岸は海水浴場の適地

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

おおぬき【大貫】

旧製材規格の一。幅3.8~3.9寸(約11センチメートル)、厚さ8~9分(約2.5センチメートル)、長さ2間(約3.6メートル)の板材。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大貫の関連情報