トマスリン肥(読み)トマスりんぴ(英語表記)Thomas phosphate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トマスリン肥
トマスりんぴ
Thomas phosphate

含リン銑鉄を利用するトマス製鋼法の副産物である鉱滓を破砕したリン酸肥料。主成分はリン酸四石灰とケイ酸石灰との結合した複塩で,シリコカルノタイトと呼ばれる。暗灰色の粉末で 12~20%のリン酸と 40~50%の石灰を含み,どんな土壌にも適するが,塩基性肥料なので特に酸性土壌,泥炭地土壌,牧草地土壌,腐植土などに対して施肥効果が大きい。水溶性リン酸でないため前作の肥効は過リン酸石灰に及ばないが,後作の肥効を考慮すればほぼそれに匹敵する。原則としては元肥に使う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android