塩基性肥料(読み)えんきせいひりょう(英語表記)basic fertilizer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩基性肥料
えんきせいひりょう
basic fertilizer

水溶液がアルカリ性を示す肥料の総称。化学的塩基性肥料と生理的塩基性肥料に分けられる。前者は肥料そのものが塩基性を呈するもので,草木灰炭酸カリウム,下肥など。後者は微生物の生理作用や植物の吸収作用を受けたのち塩基性を示すもので,油かす,魚肥,チリ硝石など。いずれも酸性土壌に施肥するのに適している。硫安,塩安,過リン酸石灰などの酸性肥料と配合すると,窒素分の揮発やリン酸分の不溶化が起きるが,塩基性肥料相互の配合はさしつかえない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android