コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トラガカントゴム tragacanth

翻訳|tragacanth

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トラガカントゴム
tragacanth

植物ガム質の一種。中近東に産するマメ科ゲンゲ属の Astragalus gummiferの樹液からとったもの。通常,白色半透明の帯状薄片。吸水性が高く自己容積の 60倍にまで膨張する。成分はアラビノースキシロース,フコース,ガラクトース,ガラクツロン酸などから成る複雑な多糖類の混合物である。ガムペースト原料の一つとして広く利用され,乳液の安定剤,アイスクリームなどの粘滑剤に使用される。近年は価格が高いため,使用量は減少している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トラガカントゴム
とらがかんとごむ
tragacanth gum

植物ゴム質の一種。イラン、シリア、トルコなどの半砂漠地方に産するマメ科アストラガルス属の低木トラガカントゴムノキAstragalus gummiferの幹に傷をつけて分泌する粘質物を乾燥した樹脂状物質。トラガントゴム、トラガカントともよばれる。市販品は白色ないし帯黄色の粉末か屈曲したリボンのような角状物。トラガカントゴムの大部分(60~70%)は、水に分散するのみで溶解しないバソリンとよばれる中性多糖類で、ついでトラガカンチンとよばれる水溶性酸性多糖類および少量のデンプン、セルロース、タンパク質を含む。トラガカンチンの主成分はトラガカント酸とよばれる多糖類であり、D-ガラクツロン酸43%とD-キシロース40%などからなる。水を加えると徐々に吸水し、膨潤・分散して透明で粘稠(ねんちゅう)な液になる。化粧品、食品、医薬品などの分野で、増粘剤、乳化剤、乳濁液の安定剤、薬用ゼリー、緩下剤として使用される。[福田和吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のトラガカントゴムの言及

【ゴム】より

…(1)ガムgumといわれる無定形物質。この代表的なものがアラビアゴムgum arabicおよびトラガントゴムgum traganth(トラガカントゴムgum tragacanth)である。主成分は種々の多糖類がさまざまな割合で結合した高分子物質で,水に入れるとコロイド溶液となるか,著しく膨潤し粘りけを示す。…

※「トラガカントゴム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トラガカントゴムの関連キーワードパンヤノキコンパクトパステル護謨

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android