トラガント(英語表記)traganth; tragacantha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トラガント
traganth; tragacantha

生薬の一つ。トラガカントともいう。マメ科のトラガントノキ Astragalus adscendensまたはアジア産の同属植物の幹から得た分泌物。白色ないし淡黄色半透明の角質状の湾曲した平板または薄片で,厚さ 0.5~3mmで折れやすく,水中で膨化し,水またはグリセリン中に放置すると多数の薄片とデンプンを分離する。無味,無臭で粘性をもつ。主成分のバゾリンのほか,トラガカンティン,デンプンも含む。粘滑剤,乳化剤とし,丸剤,錠剤の調整,化粧品などに用いる。浣腸に用いることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android