コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トラガント traganth; tragacantha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トラガント
traganth; tragacantha

生薬の一つ。トラガカントともいう。マメ科のトラガントノキ Astragalus adscendensまたはアジア産の同属植物の幹から得た分泌物。白色ないし淡黄色半透明の角質状の湾曲した平板または薄片で,厚さ 0.5~3mmで折れやすく,水中で膨化し,水またはグリセリン中に放置すると多数の薄片とデンプンを分離する。無味,無臭で粘性をもつ。主成分のバゾリンのほか,トラガカンティン,デンプンも含む。粘滑剤,乳化剤とし,丸剤,錠剤の調整,化粧品などに用いる。浣腸に用いることもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

トラガントの関連キーワードトラガカントゴムサナンダジュブロー鉄丸カラヤガム植物ガムゼリー剤整腸剤懸濁剤軟膏剤脱毛剤ゴム

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android