コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トラキア語 トラキアごThracian language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トラキア語
トラキアご
Thracian language

古代にトラキアで話されていた,インド=ヨーロッパ語族に属する一言語。古期フリュギア語と近い関係にあるとみられる。文献は前6世紀までさかのぼるが,ごく少い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トラキアご【トラキア語 Thracian】

インド・ヨーロッパ語族に属するとされる言語。古代にトラキアとよばれた地は,バルカンと小アジアを結ぶ重要な地域であったが,そこからは研究に十分な資料,碑文も文学もみられない。ただわずかにブルガリアのエゼレボで1912年に発見された金の輪にイオニア・アルファベット(イオニア式ギリシア文字)で刻まれた銘文と,第2次世界大戦後にケルメンその他から出土したいくつかの碑文があるにすぎない。それらの読みと内容の理解については,研究上の完全な一致を得られていないが,古代作家の残したこの地域の固有名詞とともに判断して,その言語はインド・ヨーロッパ語族の一つに数えられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

トラキア語の関連キーワードインド・ヨーロッパ語族アルバニア語

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android