コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トラシュマコス Thrasymachos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トラシュマコス
Thrasymachos

前 430~400年頃活躍のギリシアの修辞学者,ソフィスト。ビトゥニアのカルケドンに生れる。ゴルギアスの詩的散文と会話体との中間的な散文体を創造し,リズムと副文の構築を重視し,さらに情緒に訴える発話法や身ぶりを工夫するなどして,ギリシア雄弁術と散文の発達に貢献。プラトンの『国家編』に登場して,正義は強者のためのものという命題を擁護する役を与えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のトラシュマコスの言及

【ソフィスト】より

…訳して詭弁派ともいう。当時の代表的ソフィストは,プロタゴラス(北東ギリシアのアブデラ出身),ゴルギアス(シチリア島のレオンティノイ出身),ヒッピアスHippias(ペロポネソス半島のエリス出身),プロディコスProdikos(エーゲ海のケオス島出身)などで,このほかエウエノスEuēnos,アンティフォンAntiphōn,トラシュマコスThrasymachosらがいる。彼らの活動は国際的で,アテナイを中心に多くの都市国家をわたり歩き,主として富裕な市民家庭の子弟を相手に,金銭を報酬として教育活動を行って人気を得た。…

※「トラシュマコス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トラシュマコスの関連キーワードマイケル ジョンソンアンジェロ テイラーサーニャ リチャーズ・ロスジェレミー ウォリナーユリア ペチェンキナナタリア アントユフイアン ソープオスカー ピストリウスヤナ ピットマンラショーン メリット

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android