コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トラハテンベルグ トラハテンベルグ Trakhtenberg, Iosif Adol'fovich

3件 の用語解説(トラハテンベルグの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トラハテンベルグ
トラハテンベルグ
Trakhtenberg, Iosif Adol'fovich

[生]1883.1.28. メリトポリ
[没]1960.9.5. モスクワ
ソ連の経済学者。資本主義経済の信用理論,信用制度,信用・貨幣恐慌の専門家。 1903年ロシア社会民主労働党に入り,ボルシェビキに属した。 07年に一時脱党したが革命後復党。 12年トムスク大学を卒業,ハリコフ実業学院 (1914~17) ,ハリコフ大学 (17~21) ,赤色教授学院 (21~49) ,スベルドロフ共産主義大学の各教授を歴任,この間ゴスプラン委員 (25~26) ,中央統計局,国家計画委員会など政府諸機関の要職につき,また 49年以降科学アカデミー世界経済・世界政治研究所などの研究員として活躍。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

トラハテンベルグ

ソ連の経済学者。1931年世界経済世界政治研究所員,1939年科学アカデミー会員。資本主義の信用理論・信用組織,信用・貨幣恐慌を研究。主著《紙幣論》《現代の信用および信用組織》《貨幣恐慌》。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トラハテンベルグ
とらはてんべるぐ
Иосиф Адольфович Трахтенберг Iosif Adol'fovich Trahtenberg
(1883―1960)

ウクライナ(メリトポリ市)出身のソ連の経済学者。1903年ロシア社会民主労働党に入り、ボリシェビキに属したが、07年脱党した。12年トムスク大学を卒業、17年ハリコフ大学経済学教授になる。革命後党に復帰、最高国民経済会議やゴスプラン、中央統計局の責任者として働いた。貨幣論学者としては『紙幣論』(1918)の研究で名をあげ、『現代の信用および信用組織――信用理論』(1928)や『第二次世界戦争後における資本主義の信用・貨幣制度』(1954)を著している。1931年からはアカデミー付属の世界経済世界政治研究所、経済研究所、世界経済国際関係研究所にあって貨幣・信用恐慌の理論と歴史を研究、その成果は『世界経済恐慌史』第3巻『貨幣恐慌、1821―1938年』(1939)の大著および『資本主義的再生産と経済恐慌』(1947)にまとめられている。その理論は第二次世界大戦前にもブレゲリなどによりマルクス主義信用理論の歪曲(わいきょく)として批判を受けたが、スターリン主義が猖獗(しょうけつ)を極めた戦後の時期にはバルガ、メンデリソンらとともに政治主義的非難を浴びた。1939年以降アカデミー正会員。[名和献三]
『飯田貫一訳『再生産と恐慌』(1957・青木書店) ▽及川朝雄訳『貨幣恐慌史』全3巻(1967~68・岩崎学術出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トラハテンベルグの関連キーワードセントポールテリトリーラトポリスアピーズメントポリシーターゲットポリシーポストポリオ症候群フォトポリマーマーマイトポリティシャン奄美フォレストポリスホワイトポリデント

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone