コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トラハテンベルグ トラハテンベルグTrakhtenberg, Iosif Adol'fovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トラハテンベルグ
Trakhtenberg, Iosif Adol'fovich

[生]1883.1.28. メリトポリ
[没]1960.9.5. モスクワ
ソ連の経済学者。資本主義経済の信用理論,信用制度,信用・貨幣恐慌の専門家。 1903年ロシア社会民主労働党に入り,ボルシェビキに属した。 07年に一時脱党したが革命後復党。 12年トムスク大学を卒業,ハリコフ実業学院 (1914~17) ,ハリコフ大学 (17~21) ,赤色教授学院 (21~49) ,スベルドロフ共産主義大学の各教授を歴任,この間ゴスプラン委員 (25~26) ,中央統計局,国家計画委員会など政府諸機関の要職につき,また 49年以降科学アカデミー世界経済・世界政治研究所などの研究員として活躍。第2次世界大戦後,マルクス主義理論の修正として批判された。レーニン賞,労働赤旗勲章受章。主著『紙幣論』 Bumazhnye den'gi (18) ,『現代の信用及び信用組織』 Sovremennyi kredit i ego organizatsiya (28) ,『貨幣恐慌史,1821~1938』 Denezhnye krizisy,1821~1938 (39) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

トラハテンベルグ

ソ連の経済学者。1931年世界経済世界政治研究所員,1939年科学アカデミー会員。資本主義の信用理論・信用組織,信用・貨幣恐慌を研究。主著《紙幣論》《現代の信用および信用組織》《貨幣恐慌》。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トラハテンベルグ
とらはてんべるぐ
Иосиф Адольфович Трахтенберг Iosif Adol'fovich Trahtenberg
(1883―1960)

ウクライナ(メリトポリ市)出身のソ連の経済学者。1903年ロシア社会民主労働党に入り、ボリシェビキに属したが、07年脱党した。12年トムスク大学を卒業、17年ハリコフ大学経済学教授になる。革命後党に復帰、最高国民経済会議やゴスプラン、中央統計局の責任者として働いた。貨幣論学者としては『紙幣論』(1918)の研究で名をあげ、『現代の信用および信用組織――信用理論』(1928)や『第二次世界戦争後における資本主義の信用・貨幣制度』(1954)を著している。1931年からはアカデミー付属の世界経済世界政治研究所、経済研究所、世界経済国際関係研究所にあって貨幣・信用恐慌の理論と歴史を研究、その成果は『世界経済恐慌史』第3巻『貨幣恐慌、1821―1938年』(1939)の大著および『資本主義的再生産と経済恐慌』(1947)にまとめられている。その理論は第二次世界大戦前にもブレゲリなどによりマルクス主義信用理論の歪曲(わいきょく)として批判を受けたが、スターリン主義が猖獗(しょうけつ)を極めた戦後の時期にはバルガ、メンデリソンらとともに政治主義的非難を浴びた。1939年以降アカデミー正会員。[名和献三]
『飯田貫一訳『再生産と恐慌』(1957・青木書店) ▽及川朝雄訳『貨幣恐慌史』全3巻(1967~68・岩崎学術出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

トラハテンベルグの関連キーワードアルマン条約電気事業ウィンチェスタープチャーチンメチニコフヨッフェレフィスゾーン石炭化作用カフカ高田保馬

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone